FC2ブログ

記事一覧

Pythonアプリの起動方法

<米国株の起動>で公開したPythonアプリですが、コメント欄では画像を貼り付けできなかったので新規の記事で説明します。
Pythonを起動して出る画面は、Pythonのコマンドを1行づつ入力して、動作の確認、デバッグに使用するもので、完成したPythonプログラムは、Pythonを起動せず、Windowsのコマンドプロンプトから実行します。 コマンドプロンプトは、Windowsの下記のような画面です。 Win10では、スタート画面に表示されますが、Win7では、スタートメニュの<プログラムとファイルの検索>に、cmdと入力すると
上部に表示される、cmd.exeを右クリックしてスタートメニューに表示するをクリックで、以後すぐ使えます。 スタートメニューのcmd.exeはディスクトップ画面にドラッグすることも出来ます。 ドラッグして、右クリック、プロパティーで、作業フォルダーに何時も使うフォルダーを入力することで、使いやすくなります。

出来上がった、Pythonアプリは、このコマンド画面上で、実行します。 getusa.pyのあるフォルダーが、c:\fchartなら、下記のように入力して実行です。

c:\fchart>python getusa.py

コマンドプロンプト
スポンサーサイト

コメント

No title

起動方法UPありがとうございます。
Fchartの併存を解消して、試してみましたが、うまくいきませんでした。
-------------------------
C:\Windows\System32\cd c:\fchart

c:\fchart>python getusa.py
'python'は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません。
----------------------------
getusa.pyは、Fchartフォルダー内に置いています。

操作方法など誤りがあればご指摘ください。

コメントの投稿

非公開コメント