記事一覧

中国製スマホの危険性

アメリカでは、中国製スマホの危険性について、以前から警告されています。
収集したデータを中国へ転送しているというニュースも流れました。
今月、アジア1位、世界4位の中国スマホOPPOが日本進出という記事もありましたが、
私が使っているいるSIMフリー機は、台湾製のASUSです。 
いくら性能が良く、安くても中国製を使うつもりはありません。 
日本製を使いたくても日本製のSIMフリー機がないのですからしょうがありません。
これから、電気製品は同じような道をたどりそうです。 さびしい限りですね。

中国製スマホは危険

中国は米大学にスパイを送り込んでいる

日本進出の滴滴出行 台湾で利用者データを中国に転送
スポンサーサイト

コメント

No title

中国は何を考えてるかわからない・・・というより何を考えてるかミエミエの感じの国なので恐ろしいですね。私も中国製は使いたくない・・・
でも知らないうちに中国製のお世話になってるんでしょうね・・・

中国の改革

経済が破綻するとかなり前から言われていますが、破綻しませんね。 今後10年、20年後ますます強大になりそうな中国、恐ろしいですね。 
相続税も固定資産税もない、共産党トップと吊るんだ経済、強欲経済、ますます、格差の拡大が続いています。 なぜ、中国で暴動などが起きないのか、北京、上海などの都市市民は思想の自由よりお金なので、政府から特権を与えられて、まず、都市市民から反政府活動は無理ですね。 地方からの暴動は今でも数え切れないほど起きているようですが、すべて、鎮圧されています。 当分、内部からの改革は無理そうです。 

No title

ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/02/post-9547.php

コメントの投稿

非公開コメント